1. 腸健康ラボTOP
  2. 腸活・菌活のススメ
  3. ≫プロバイオティクスの効果とは?有効な乳酸菌サプリはあるの?

プロバイオティクスの効果とは?有効な乳酸菌サプリはあるの?

プロバイオティクスという言葉、乳酸菌とか健康に興味がある人は一度は聞いたことがあるでしょう。「基本的には腸内環境を整えるために良いもの」というコンセプトなのですが、プロバイオティクスの定義としては「腸内で良い働きをする菌・微生物」ということです

菌というとあまりきれいなイメージではありませんが、そもそも人間の体は皮膚からお腹の中まで無数の菌が生息しており、人間の機能を向上させるために有益に働く菌や微生物がいます。

代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌といった腸内細菌なのですが、これらをプロバイオティクスとして定義し、積極的に取り入れることで抵抗力の強い体を維持していこうということです。

でも体にいいことは分かったけど、プロバイオティクスの効果とは?副作用はないの?どんな乳酸菌サプリが有効なの?という疑問を持っている方が多いのでこちらにまとめてみます。

プロバイオティクスに期待できる効果とは?

腸内環境改善作用

腸内環境改善にはビフィズス菌が大きな役割を占めています。人間の腸内細菌の大半はビフィズス菌であることが分かっており、小腸での活動や大腸の排便活動に必要な善玉菌です。

便秘により食べたものが腐敗し、悪玉菌が増え腸内環境が悪化するわけですが、ビフィズス菌が生産する酢酸や乳酸が腸の動きを活発化させ、便を出しやすくなります。その結果、便秘が解消され腸内の善玉菌が増えていき腸内環境が整えられていきます。

悪玉菌の生成する有害物質を低減する作用もあり、便秘が原因で起こる肌荒れにも効果が期待できます。

免疫機能調整作用

腸内細菌には様々なものがいますが、腸内には体の免疫を司る細胞が60-70%集まっています。腸内環境が整えられることによって、免疫細胞も活性化され自然な形に調整してくれることが知られています。

花粉症やアレルギーを引き起こす免疫にも関係していることが分かっており、正常な免疫のバランスを取り戻して、本来異物ではないはずの花粉やアレルゲンに対して過剰に反応しないようバランスをとる作用が期待されています。

インフルエンザ感染予防

免疫力が向上することによってインフルエンザの感染を予防できるということが最近話題になっていますね。

ヤクルト菌で有名なカゼイ・シロタ株もインフルエンザやノロウィルスへの感染予防がの効果が確認されたという研究結果が発表されています。

発がんリスク低減作用

体内では毎日5000個ものがん細胞ができているといったら驚かれるのではないでしょうか?しかし、誰でもガンを発症するわけではありません。このがん細胞をマクロファージなどの戦う細胞が食べてくれているのです。

ただマクロファージは腸内環境が悪化すると弱くなります。乳酸菌などのプロバイオティクスで腸内環境を回復させてあげると、マクロファージが活性化され発がんリスクが低下するという研究報告があります。

血圧降下作用

カルピス社が研究を続けている「ラクトバチルス・ヘルベティカスCM4株」には血圧降下作用が確認されています。血圧を調整してくれる「ラクトトリペプチド」を作る能力の高い菌です。この乳酸菌はトクホの「アミールS」という商品に配合され販売されています。

他にもカスピ海ヨーグルトの菌であるクレモリス菌などは、腸内で糖質の吸収を穏やかにしたり、中性脂肪が蓄積するのを低減するという作用もあります。

ピロリ菌減少作用

胃がんの原因になると言われているピロリ菌は有名ですよね。明治が研究している「ラクトバチルス・ガセリ・OLL2716株」という乳酸菌にはピロリ菌減少作用が確認されています。


このようにプロバイオティクスには様々な良い効果が期待できるので今話題になっているんですね。

プレバイオティクスとの違い

よく似た名前で、プレバイオティクスというものもあります。こちらは、プロバイオティクスである乳酸菌などの栄養素として、効果を自然に高めることを目的としたものです。

菌の種類によって期待できる作用が異なるのも特徴であり、目的に合った菌を取り入れることで特定の不調や症状緩和に作用できるよう研究が進められています。

でもいいことばかりではなくプロバイオティクスに副作用ってないのでしょうか?

プロバイオティクスの副作用

プロバイオティクスで使われる乳酸菌は基本的に薬ではありません。健康食品に該当するものです。ですので副作用はありません。

中には指定医薬部外品として新ビオフェルミンSミヤリサンなどがあります。ですが、それらにも副作用の記載は全くありませんので、健康を害するような副作用はないのです。

副作用が無い理由としては、体内に取り込んで過剰に働くことはなく、余分な細菌は便として排出されてしまうため。

薬のように菌そのものが何かしらの作用を引き起こすというものではありません。生活習慣や食生活の変化で減ってしまった腸内細菌を補充して、本来人間が持っている体の機能を取り戻すのがプロバイオティクスを摂取する目的です。

稀に副作用として検証されるものもありますが、多くは添加物として配合されるオリゴ糖などでお腹が緩くなったり、添加物に対してアレルギーなどが起きる場合です。菌そのものにはアレルゲンは指定されていないのです。

このように副作用がなく長期間利用しても安心であること。またステロイドや下剤、その他の薬による表面的な改善ではなく、根本的に体の中からキレイにして健康を目指したい人に好まれている健康法なのです。

プロバイオティクスに有効な乳酸菌サプリメントってあるの?

プロバイオティクスに何を求めるかによって選ぶ乳酸菌サプリは変わってきます。大抵の場合には便秘やアレルギー症状(アトピー性皮膚炎、花粉症、肌荒れ、アレルギー性鼻炎、じんましん)などを期待されているのではないでしょうか?

個人的な意見も含みますが、自分で実際に使って良かった乳酸菌サプリを挙げておきます。

便秘を何とかしたいならこの乳酸菌サプリ

アレルギー症状を緩和したいならこの乳酸菌サプリ

腸活・菌活のススメ コメントなし