1. 腸健康ラボTOP
  2. 乳酸菌サプリレビュー
  3. ≫乳酸菌革命の良い点悪い点を3か月飲み続けて検証してみた

乳酸菌革命の良い点悪い点を3か月飲み続けて検証してみた

腸を健康にするには、多様な乳酸菌が腸内で活動している必要があります。どれか一つの菌だけを毎日摂っても、長期的に腸内のバランスを整えていくことはできません。

乳酸菌をバランスよく摂取していくためのサプリとして、16種類の日本人に相性の良い菌を配合しているが乳酸菌革命

私がこのサプリを知ったのは、お腹のトラブルになったことないという仕事仲間が、5年近く飲み続けているというのを聞いたのがきっかけ。50歳を超えていますが、健康のために何を意識してるかを聞いたところ乳酸菌革命を飲んでいるということでした。

詳しく調べてみると、配合されている乳酸菌の種類の多さは他に例を見ないもので、まるで善玉菌の総合商社ともいえる乳酸菌サプリでした。

腸を健康にする乳酸菌サプリとして見逃せない存在ということで、実際に購入して検証したことや、購入に際して調べたことを詳しくまとめてみました。

乳酸菌革命を購入!16種類の乳酸菌が1000億個摂れる?

乳酸菌革命で一番興味を惹かれるのは、16種もの日本人に相性の良い乳酸菌を詰め込んでいるという点。

乳酸菌は菌の種類によって期待できる効果が異なる性質を持っています。〇〇バチルスとか、〇〇コッカスとか聞いたことないですか?これらすべて異なる菌種が様々なメーカーで研究されているわけですが、腸内での働きが違うのです。

代表的なものでは、

  • 便のカサを増し便通に有効とされる「ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)」
  • 花粉症などアレルギー・腸内免疫力に良いとされるラクトバチルス種

などがありますが、乳酸菌革命は異なる作用の菌種を一度に摂れてしまうということ。ヨーグルトで同じだけの量を摂るとなれば、何種類かき集めればいいか分かりません。

さらに1粒辺り1000億個もの乳酸菌が取れるということで、大体これは市販ヨーグルト10個分。ヨーグルトは食べるの大変ですし、食べやすく糖分・乳脂肪が必要以上に多いものが大半です。カロリーを気にすることなく、異なる効果の乳酸菌を大量に摂れてしまうという点で、乳酸菌サプリとして飲む理由が見いだせるわけです。

気になるワード:乳酸菌生成物質ってなんだ?

乳酸菌革命のパッケージに、乳酸菌生成物質配合と書かれています。これは何?と思って調べてみると、乳酸菌が活動するうえで排出する生産物のこと。植物が光合成で酸素を出すようなイメージで、乳酸菌が栄養分であるオリゴ糖などを食べることで排出される物質ということです。

この乳酸菌生成物は腸内の免疫に作用するなど、いわば乳酸菌の効果そのもの。基本的に食べた乳酸菌はほとんどが胃酸で死んでしまい、腸で生成物を排出するのは実際にはごくわずか。ならば、体外で乳酸菌に生成物を出させてから取り入れれば効率いいんじゃない?ってこと。

参考:光英科学研究所 乳酸菌生成物について

乳酸菌をそのままとるのが自然ではありますが、効果を底上げするものとしてあえて配合しているのは評価できる部分だと考えています。

便秘がちな妻(35歳)に乳酸菌革命を3か月飲んでもらった口コミ

今回は3か月のレポートということでまとめています。腸内の細菌はおおよそ2週間で入れ替わると言われていますので、最低は1か月以上。さらに、しっかりレビューするためには3か月は飲んでみないと分からないと思ったからです。

まず、乳酸菌革命はカプセルに入れられた形状のサプリメントで、口に入れた瞬間はオブラートのような味がしますが臭いも全くしません。

私はいつも少しでも腸をいたわるようにと、白湯(ぬるま湯)で飲むようにしています。

1日の目安量は2粒から6粒と書いてあったのですが、1袋62粒入りということもあって1日に2粒。朝と夜に分けて1粒ずつ飲むようにしていました。

乳酸菌革命を飲み始めて1か月の所感

飲み始める前の状況について書いておきますと、30歳になって第2子を出産した頃からお腹の調子はいい方ではありませんでした。生活もガラッと変わり、食生活も手軽に作れるもので済ますことが多く、腸にも負担をかけてきたツケが回ってきたのを感じていました。

便に関しても出ないときは4日位出ないし、急に下痢っぽくなってトイレに駆け込むことも月に何回かはありました。それだけに、乳酸菌革命には期待を込めて飲み始めました。

乳酸菌革命の販売元「健康いきいき倶楽部」によると、1か月で8割の人がスッキリを実感!と書かれていましたが、さすがに1か月では体感できるほど良くなりません。

ただ、飲み始めて2週間ほどで便の質は変わってきたように感じました。以前は詰まっていると硬すぎて出すときに痛いくらいでしたが、弾力を帯びてきてる感じ。これがこのまま上向けば、スムーズに出てくれるバナナ上の便になってくれるのではないかと期待感は感じることができました。

3か月飲み続けて体調に変化はあった?

一番感じたのは、便秘というよりも肌の調子のよさ。あご周りとか背中に吹き出物ができやすかったのですが、今では全然きにならなくなりました。

お腹の便の調子はというと、詰まって苦しいことは無くなりましたが、まだ毎日スッキリというほど出ているわけではありません。調子よければ1日おきに出てくれるようにはなっているので、さらに期待値を込めて様子を見てみます。

他に気づいたのは、ちょうど出産後(3児目)ということで体重を減らすことが一つの課題でしたが、よく聞く産後太りは今回経験せずに済んでいます。これは少しうれしいかも。

気になる副作用的なものは一切ありませんでした。そもそも乳酸菌を摂っているだけなので変に体がおかしくなったら困りますよね。

良い兆候はでてきていると感じています。毎月¥2,730円と負担も少なく済んでいるので、上手くいけば便秘も小太りもダブルでスッキリできるかもという楽しみもあります。もう少し続けてまた何か分かったら追記をしていきます。

お腹スッキリの根拠となる乳酸菌革命の菌種を検証

乳酸菌革命は他のサイトでも取り上げられていることが多く、評価は悪くないところが多いです。

良い評価の要因をさらに探るために、もう少し深堀して乳酸菌革命の成分について調べてみました。

乳酸菌革命に含まれる16種類の乳酸菌の中でも、+αとしてピックアップされた3つの菌種があります。ここにも、効果の秘密がありそうということで、それぞれがどのような働きをしてくれるのかを調べてみました。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は腸の中でも大腸に多く住んでいる菌です。「酢酸」を出すことで、悪臭や毒素を出す悪玉菌を殺菌する重要な役割。

主な作用は便・便通の改善であり、溜まった便が毒素を放出するのを防ぐとともに、スムーズに排出するために作用する菌です。特に配合されているビフィズス菌の一つ「ロンガム種」は便通改善に良いとして、ロンガム種をピックアップして採用しているサプリもあるくらいです。

ラブレ菌

ラブレ菌は腸の中でも小腸で働く菌で、強い生命力で生きたまま届くのが特徴。乳酸を作り出して腸内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を防ぎます。他の善玉菌が活動するのを助けるヘルパー的役割の菌です

乳酸菌革命のように複数の種類の菌を取り入れる場合は、バランサー的な位置づけで善玉菌が活動しやすい環境を作ってくれるということです。

ガゼリ菌

ガゼリ菌がピックアップされているのは、日本人に最も相性のいい菌と言われ、腸内でもとりわけ長くとどまれる特徴があります。酸素がなくてもグングン育つという謎の力があり、(だから密封のサプリ内でも生きているのか・・・)ビフィズス菌とともに腸内の善玉菌を増やす働きをします。

3種の菌を調べてみましたが、ビフィズス菌は大腸で悪玉菌と戦い、ラブレ菌とガゼリ菌は小腸内で善玉菌の働きをサポートしている。縁の下の力持ち的な菌たちであることが分かりました。

乳酸菌革命は多くの菌が混ざっているからこそ、こうしたサポート役の力が重要な役割を果たしているといえそうです。

なかなか深いところまで計算された乳酸菌サプリであることが分かって面白いですね。

腸までしっかり届ける工夫はされているか?

これだけ多くの菌種を配合していても、腸まで届かず胃で死滅しては意味がありません。乳酸菌サプリは届けるための対策がされるのが一般的ですが、乳酸菌革命はどうでしょうか。

メーカーに問い合わせてみると、「乳酸菌革命のカプセルは耐酸性のカプセルになっており、胃酸に耐えて腸の入り口付近でカプセルが溶けるように計算して作られています」と回答を得られました。

さらに、注目すべきは「有胞子乳酸菌」という菌種が使われている点。

同じ種類の乳酸菌でも、胞子の殻を持つものとそうでない個体がいます。ちょっと失礼な言い方ですが、人間でもハゲてる人とフサフサな人がいるような違い。

ここで胞子を持つ種だけを選別したものが「有胞子乳酸菌」と呼ばれていて、通常の種よりも耐熱性に優れた特徴があるのです。このため胃で生き残る力が強く、死滅せずに腸に到達できる強い乳酸菌なのです。

一度に数種類の乳酸菌を摂るメリットと注意点

乳酸菌をこんなに一度に摂ってしまって、腸内で喧嘩したり干渉したりしないの?と思うこともあります。

たくさんの乳酸菌をとることにデメリットは実はありません。複数の菌を取り入れた方が腸内細菌の多様性が生まれます。乳酸菌革命の菌はどれも「善玉菌」に属するものですから、腸内でタッグを組んで善玉菌優位の勢力を維持する力が強まるのです。

乳酸菌は菌種によって持っている力や作用する部位が異なるため、複数摂ることで異なる健康効果を期待することも可能となります。

また、人によっては特定の乳酸菌を摂っただけでは思うように作用が期待できないばあいもあります。個人個人の腸内環境によって相性があるのです。だからこそ複数の種類の乳酸菌を摂ることで、相性のいい乳酸菌と出会える確率があがることにもなります。

飲みすぎるとお腹が緩くなることもあるので注意!

一つ注意点は、糖や脂肪の吸収を抑えるために難消化デキストリンが配合されています。このため飲み初めは腸が慣れず、お腹がゴロゴロしたり消化が悪くなることもあります。実際に私も一度に6粒飲んだ時はお腹がギュッと押されるような、胃もたれに似た症状を経験したこともありました。

難消化デキストリンは適量であれば、不要なカロリーの吸収を抑えて、太りにくい健康な体作りに役立ってくれるものです。一度に大量に飲むのは避け、初めて飲むときには1粒ずつ飲んで胃腸を慣らしていくことをおすすめします。

まとめ:乳酸菌革命はこんな人におすすめ

ここまで乳酸菌革命について調べたことをまとめますと、

  • 16種類の日本人に相性のいい乳酸菌を1粒当たり1000億個凝縮
  • ラクトバチルス・アシドフィルス配合でアレルギー対策できる
  • 食物繊維(難消化デキストリン)配合でダイエットの補助ができる
  • オリゴ糖配合で腸内の善玉菌も育てることができる
  • 耐酸性カプセルと熱に強い有胞子菌で腸までしっかり届く

やはり一番のメリットは、異なる効果を持つ数種類の乳酸菌を一度に摂れること。ヨーグルトなどで複数の乳酸菌を摂ろうと思えば大変です。

特に「便秘」以外にも、お肌の調子や、ぽっこりお腹も気になってしまうのが悩める人の本音。花粉やインフルエンザの時期になれば不安になるものだし、どうせなら一度に摂りたいって思っちゃう人は、まさに乳酸菌革命の誘惑にハマってしまってしまいます。

実際に試した検証を踏まえても、乳酸菌革命の成分は複数の悩み解決に優れているのは事実。腸内環境の改善以外にも、糖や脂肪分の吸収を穏やかにしたり、コレステロール排出にも役立つためスッキリとスリムな体を作りたい人には期待値の高いサプリと言えます。

最後に価格的な部分も確認をしておきますが、1袋の価格は定価が¥2,880円+送料と1日当たりのコストは100円を切っています。

最も安く買える定期購入では、1袋辺りの価格は¥2,730円(送料は無料)。私は注文し忘れがないように定期で送ってもらっていました。

サプリメント全般に言えますが、体験談でも書いた様にすぐには効果が体感できるものではないので、最低でも3か月から半年は飲み続けていく必要があります

この点で乳酸菌革命は、1日当たりのコストが¥91円まで抑えられているので続けやすさがあります。「もっとたくさん飲めば早く効くんじゃない?」と思うかもしれませんが、毎日少しづつ腸内を改善していくものですから大量に飲んでも意味ありません。

何かとお金のかかるご時世、無理なく健康のために乳酸菌を摂りたいからこそ、乳酸菌革命は「質」「価格」ともに飲み続けてみようと思えるサプリでした。

「乳酸菌サプリレビュー」の人気記事ランキング