1. 腸健康ラボTOP
  2. 「特集」今月の菌活
  3. ≫夏はお酒の季節!7月が旬の乳酸菌食材とレシピと言えば?

夏はお酒の季節!7月が旬の乳酸菌食材とレシピと言えば?

7月になると本格的に夏の気候となり、体調管理が難しくなっていきます。

また、夏はお酒が進む季節でもあるので積極的に乳酸菌を摂取するなど胃腸を整える工夫が重要でしょう。

ここでは、乳酸菌が豊富なお酒でできるレシピを紹介していきます。

実は乳酸菌が豊富!整腸作用に期待できるお酒

夏のお酒の定番といえばビールやチューハイなどの冷えた炭酸系というイメージがありますが、涼しげな料理に合うお酒として以下のようなものも人気です。

  • 日本酒
  • 焼酎
  • マッコリ

そして、これらのお酒は胃腸に好影響をもたらす乳酸菌を含んでいることでも注目されています。健康的にお酒を楽しみたいなら、これらのお酒をチョイスして飲んだり、料理に取り入れたりするのがおすすめです。

どうして日本酒やマッコリに乳酸菌が含まれているのかというと、お酒の醸造過程で乳酸菌が重要な役割を果たすからです。乳酸菌は微生物を消し、お酒をきれいにする働きがあります。

より純度の高いお酒を作り上げるためには欠かせない菌だといえます。乳酸菌は便秘やオナラの臭いなどに効果を示すといわれています。お酒を飲むと胃腸に負担がかかると思われがちですが、乳酸菌が含まれているお酒は、適度に飲めばむしろ胃腸に優しいのです。

お酒を利用した腸におすすめのメニュー

ここからはただお酒をそのまま購入して飲むのではなく一工夫を加えることで美味しくて健康にもプラスになるメニューを紹介していきます。

さっぱりとした味わい!焼酎入りの柚子ゼリー

お酒を適度に取り入れたメニューの中でも、夏にぴったりなのが納涼系メニューです。

食感も見た目も涼しげで、食欲が減退しがちな季節でもさっぱり食べられることでしょう。

焼酎を使ったデザートとして、焼酎入り柚子ゼリーがおすすめです。柚子の甘酸っぱさと焼酎の苦味が絶妙にマッチした大人のデザートです。

作り方も簡単です。市販のゼリーの素を用意し、分量表記にしたがって水でゼリーの素を溶かします。

通常は溶けたゼリーの素を冷蔵庫で冷やせば完成なのですが、その前にお好みで焼酎を混ぜてから冷やすようにします。お酒が苦手な人に出すときでも、焼酎の量を少なめにすれば十分に食べられるでしょう。

作り方がシンプルなだけにさまざまなアレンジが加えられるのもメリットの一つです。

かわいい容器を選んで、七夕らしく星型ゼリーにするなど形も楽しんでみましょう。また、柚子の皮をゼリーの中に混ぜると味のアクセントにもなります。

実は相性抜群!コクのある日本酒入りバニラアイス

夏といえばアイスクリーム、大人になってもつい何個も食べてしまう人は多いでしょう。

アイスに相性がいいお酒としてはラムが有名ですが、新たに試してほしい組み合わせとしてバニラアイスと日本酒を紹介します。

食べ方は簡単で、コンビニなどで買えるバニラアイスを容器に移し、日本酒をお好みで注ぐだけです。あまり日本酒の量が多すぎるとアイスの味を打ち消してしまうので、アイス4、日本酒1の割合を基準にしてみましょう。

乳製品と日本酒の組み合わせに驚く人もいるでしょうが、やってみると非常にマイルドな味わいでデザートとして普通に美味しいことが分かります。

むしろ、日本酒独特の苦味やツンとくる感じが苦手だった人も、アイスと一緒に食べることで克服できるのではないでしょうか。

少し物足りない人は日本酒の量を増やしてみるなどのアレンジを加えて、お好みで夏らしい食感を満喫してみましょう。

デザートになっちゃう!マッコリスムージー

マッコリの魅力はほのかな甘みやドロリとしたのどごし、クリーミーな味わいといったところでしょう。

乳酸菌を含んだお酒の中でも、マッコリは乳製品と似た特徴を備えています。そのため、乳製品を使ったレシピにマッコリを代用しても上手くはまることが多いのです。

意外なレシピとしておすすめしたいのはマッコリスムージーです。

若い女性を中心に注目度が高まっているスムージーですが、夜に飲むスムージーとして病み付きになることでしょう。作り方は通常のスムージーを作るのと変わりがありません。

オレンジやマンゴーといったスムージー向けのフルーツと一緒にマッコリを混ぜ、ミキサーにかけます。お好みでクリームや牛乳を入れると、お酒に弱い人でもまろやかに飲めるようになります。

乳酸菌を含んでいるマッコリは適量を夜に飲むと、翌日のお腹の調子を整えてくれるので、晩酌代わりにおすすめしたいレシピです。

まとめ

お酒は体に悪いという考え方もありますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざに象徴されるように、何事もやりすぎるのがいけないというだけで、中には健康のために役立つお酒もたくさん存在します。

お酒は醸造段階から乳酸菌などの体にいい菌を意図的に取り入れて作られているので、適量を楽しめばむしろ体の調子を整えてくれることでしょう。

また、季節の変わり目を楽しむためにもお酒は重要なアイテムです。夏には庭先や縁側で夜風に当たりながら、ほろ酔い気分を味わうのも大人の粋な慣わしだといえるでしょう。

少しアルコールが苦手だという人は、お酒を取り入れたデザートやスムージーでお手軽かつ健康的にほろ酔い気分を満喫してみることをおすすめします。

これまで家族や恋人のお酒に付き合ってあげられなくてストレスを感じていた人も、お酒デザートならば気軽に味わうことができるのではないでしょうか。”