腸を健康にする乳酸菌の効果と菌活のススメ

今注目されている「菌活」をご存知ですか?薬に頼らず、腸内に住んでいる腸内細菌をコントロールしていくことで、お腹の悩み、花粉症などに敏感な対策、中年太りなどの肥満対策など、健康に関する様々な悩みを解決していく活動のこと。

乳酸菌・ビフィズス菌をはじめとした善玉菌を日常的に摂っていき、腸が健康に活動できる環境を整えれば、毎日トイレに悩まされることがないスッキリとした生活と、将来の病気を予防して不安のない生活を手に入れることができるのです。

乳酸菌で腸が健康になることで得られる効果

乳酸菌はお腹の調子を整えることで、様々な恩恵をもたらしてくれることが分かっています。

  • 善玉菌を不足なく補い、
    うんちで悩まない体質ができる
  • 悪玉菌を減らし、
    お腹の苦しみを予防する
  • 悪玉菌が減ってガスの発生を抑え、
    お腹の張り・臭いオナラ対策
  • 腸の免疫力に働きかけることで、
    花粉症や刺激に敏感な体質の緩和
  • 脂肪や糖など栄養素の吸収を整えて、
    痩せやすい体質になる

腸内で有効に活動する善玉菌は乳酸菌だけにとどまらず、実に様々な種類がいます。しかも、それぞれが異なる活動をしており、得られる効果に違いがあります。

目的に合った菌を増やしていくことで特定の症状に対して有効に作用して健康に役立てることができるのです。

乳酸菌がもつ力を解説「菌種で異なる健康パワー」

乳酸菌を比較!自分に合った菌を目的に合わせてとる

病気は自分自身の行いで作ってしまう時代に突入

ここで、なぜ今菌活をはじめとした健康づくりが必要なのかを考えてみましょう。

健康な体は自分自身で作る時代になったといえます。いや、少し見方を変えると、病気そのものが自分自身の日々の行いで作られるものになってきてしまったということができます。

日本では医療が進み、昔猛威を振るった感染症は根絶されてきています。しかし一方で現代人を悩ませているのが、自身の生活習慣により形成される生活習慣病です。

生活習慣の改善手段は多岐にわたりますが、まず取り組んでほしいのが健康な腸を手に入れること。

腸は栄養素を吸収して便として排出するだけが仕事ではありません。病気など外部からの危険に対して抵抗するための、体の免疫系統の8割以上が集中する場所でもあり、生体機能の維持に必要なホルモンがたくさん分泌される場所でもあるのです。


腸環境を整えていくことは、まさに生活習慣病予防の基本というべきものであり、今すぐにでも意識して始めていくべきだと思っています。

菌活・腸活のススメ!腸を健康にする方法を検証

一時的対策でなく毎日の習慣が大事な理由

お腹の調子が悪くなりトイレにこもりがちな人にとって、有効な選択肢は「医薬品」を飲むこと。

  • 胃腸用医薬品
  • 整腸剤

などお腹のトラブルに関する薬は、薬局でもたくさん売られています。

しかし、これら医薬品は一時的に症状の緩和・改善をするものであり、飲んでいる間しか効果はありません。薬局で自分で買うにしても、内科・肛門科で薬を処方されるにしても根治治療を可能とするものではないのです。

本当の意味で目指すべきところは、お腹の不調を繰り返さず、体調不良に負けない体づくりをしていくこと。症状に悩んでから慌てて対策するのではなく、悩まなくても済むように腸環境を整えていくことで、将来にわたって生き生きとした体を作ることができます。

苦しい時は薬を使って症状を治すのも大事。ただそれ以上に、すべての腸の活動の基本となる「善玉菌」を増やすための生活を摂り入れていくべきなのです。

整腸剤はどんな時に飲む?効果や効くまでの時間

整腸剤は毎日飲み続けるものではない!副作用や問題点

腸内の善玉菌を毎日入れ続けることが菌活の基本

腸内に善玉菌を摂取する方法はたくさんありますが、基本となるのは乳酸菌を多く含む食事を摂取すること

代表的なものはヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取するというイメージですが、ヨーグルト以外にも乳酸菌を多く含む食材はたくさんあります。

また、プレバイオティクスと言って腸内の善玉菌のエサとなるものを摂り入れることによって、自然に自分自身の腸内細菌の力をつけて行こうという考え方も広まってきました。

菌活の基本は毎日の食事からというで、まずは食事を見直しながら善玉菌を増やすことを意識していきましょう。

善玉菌を増やすプレバイオティクスは便秘解消に特に重要

プロバイオティクスの効果とは?有効な乳酸菌サプリ

腸が健康になるだけで「楽」な人生が送れる

サイトの著者の個人的な体感ですが、たかが乳酸菌と侮っていた過去を消し去りたいくらい、「もっと若いうちから菌活しておけばよかった」と思っていることを書いてみます。

もともと胃腸が強い方でもなく、根が小心者なのでストレスを溜めやすい性格でした。特に大学を出て営業の仕事するようになってからは、何かあるたびに便トラブルを起こしたり、車や電車での移動中に急な腹痛で悩まされたりしていました。開店前のCDショップの扉をこじ開けてトイレ借りたのはいい思い出…。

結局体質だからとあきらめていましたが、35歳になって人間ドックを受けたのをきっかけに、本格的に将来への健康を意識しようと思ったのです。その中で、まずは一番の悩みである「お腹の不調を治していこう」と始めたのが乳酸菌による菌活でした。

菌活を初めて乳酸菌サプリを毎日飲み、食事も和食を中心に栄養についても意識するようになりました。

菌活を始める前と後で変わった大きな変化について

菌活を始める前と後で大きく変わったと感じるのは、体の熱量が一段階上がって冷えを感じない体になったこと。上手く言えませんが、体温が上がったことでお腹の調子も上向き、冬のデスクワークでも冷えを感じることがなくなりました。

便は毎日スッキリとはまだいかないにしても、詰まって出ない、出る時には硬すぎて痛いということは無くなってきています。もちろん、調子に乗って暴飲暴食したりするとお腹下すときもありますが、これは自業自得・・・自分を戒めてもっと強くならないといけませんよね。

一番嬉しいのは、トイレに関する不安を意識することがなくなり、どこへ行くにしても楽しく過ごせるようになったこと。当たり前ですが、「何事もない」というのが一番健康であり、幸せなことに違いありません。

不安がなく前向きな人生を進んでいくにあたって、腸環境を整えていくことは一番の基本で重要なことであるとあえて断言します。それくらい今の生活は充実して面白いものになってきていることはぜひお伝えしたくて書いてみました。

腸健康になるために今飲んでるサプリ3種

  1. 乳酸菌革命

    16種類の日本人に相性の良い乳酸菌が一度に摂れる菌活に最適なベースとなるサプリメント。

  2. 善玉ガード

    いやいや期の子供でも食べてくれた!家族で腸を健康にしていく子供用に買ってる菌活サプリです。

  3. ラクトプランL-137

    免疫を高めて季節の変わり目にも負けない強い体作りのために、花粉の飛ぶ前に飲んでいます

体に合った乳酸菌を「継続して摂取」することが大切

乳酸菌の研究は盛んにおこなわれており、毎年のように新しい菌の発見や、医学的根拠「エビデンス」の発表などがされています。こうした研究結果を反映した乳酸菌サプリや健康食品が多数販売されていますので、活用していくことで効率よく菌活を続けていくことができます。

腸を健康にするためには、大変ですが「継続」していかないと十分な効果は得られません。人間の腸内にある菌の数は100兆個といわれています。どれだけ優れた乳酸菌のサプリなどを飲んでも、短期間で腸内の菌を改善することはできません

ダイエットでも、勉強でも、ビジネスに関しても同じなんですよね。継続して積み上げてこそ成果が得られる。思い立ったその時だけ、ちょろっとかじって終わりでは意味がないわけです。

何よりお金出して買うわけですから、元を取るためにやろうという気持ちにもなります。アレコレとやることだらけの世の中です。時短できるところは効率よく時短しつつ、継続していくための工夫をしていきましょう。その為に健康食品を活用していく意味があるのかなと思っています。

消化器官である腸を健康にするのは命を健康にすることそのもの

ここは私のコラムでもありますが、人間を初め生物ってよくよく考えれば1本の消化器官が中心となっており、その周りに様々な期間がくっ付いているという構造をしています。

何気なく思いますが、唇一つとっても消化器官の一部をなしているわけで、腕や足もすべて食物を食べて栄養を得るために補助機関であるとすら極論づけられるわけです。

であればこそ、その中心線であり最も長く大きな器官である「小腸」と「大腸」が健康であることは、体全体の健康に繋がるということに他なりません。その中で人間の細胞よりも多い100兆個ともいう数で腸の働きをサポートしている菌の存在は無視できないものです。

腸の健康のためには、サポート役である腸内細菌を健康にするために、日ごろから乳酸菌をはじめとする善玉菌を摂り入れてあげることは基本であり、うかつな健康食品に手を出していくよりもよっぽど有益であると考えているわけです。

腸健康ラボの思い

こうしてご縁をいただき、サイトを見てくれているあなたに最後にお伝えしたいことがあります。

便秘を初め、腸環境悪化による不調やアレルギーなどの体質は今からでも変えることは十分できるということです。

人間生まれてすぐ腸が悪い人はいません。長い人生の生活で、徐々に菌のバランスが崩れ、慢性的に腸の状態が悪くなってしまう。これは紛れもなくあなた自身の生活により蓄積されてしまっている部分が大きいです。

であればこそ、改善しようと思えば誰にでもできること。体質だからとあきらめる前に、自分のお腹に手を当てて考えてみてください。そして、今からでも遅くありませんから、まずは腸に優しい生活を摂り入れてあげてください。

腸健康ラボもそんな私自身の経験と知識が少しでも便秘や体の不調で悩んでいる人に読んでもらえればと思ったのがきっかけで立ち上げました。現在は厚生労働省認定のサプリメントアドバイザーの資格を取得するなど、栄養素全般の知識を勉強しつつ、日々将来の健康のための情報を調べています。今後も腸健康になるための情報を分かりやすくまとめてまいりますので、ぜひご覧いただけますと運営者冥利に尽きます。